スパゲンのブログ

スパゲンの活動を綴る

7/31 異常な汚れ終結。\(^o^)/ 一難去って…


f:id:apli44:20200801050704j:image

この貼り紙を外しました。設置は5月末なので2ヶ月間貼ってありました。

 

コイツの効果は抜群で、貼った日から本当に見事にピタリと“困った汚れ”がなくなりました。以前に、もう大丈夫かなと貼り紙を外した後に、再び汚れが出た嫌な経験も手伝って、コイツを外すのに躊躇があったのですが、流石にもう大丈夫かなと、月が変わるのを機に外した訳です。

コイツは“トイレの守り神様”(神様をコイツ呼ばわりは失礼ですね。(^^;))本当にお世話になりました。お疲れさまでした。ありがとう。

 

この“困った汚れ”については以前に何度か『目の上のたんこぶシリーズ』で書いています。

直近の投稿がこちら。

 

supagen.hatenablog.com

 

 

なかなか手ごわいお相手で、こちらも手を変え品を変えでいろいろとやってきたわけですが、ちゃんと伝わるものは伝わるんですね。

でもですね、伝わるには伝わるだけのことをしてきたからだろうなって思います。

 

毎日毎日の徹底した掃除、

フロアには水をたっぷり散水して、砂やほこりを洗い流し、汚れを浮かす。

ゴムワイパーやスポンジモップ・糸モップを使ってフロアを拭き上げる。

便器や洗面器は刷毛やマイクロファイバークロスなどを使って、裏側や細部までをしっかり擦り洗う。

洗面台の上のハンドモップや手洗い洗剤、予備のトイレットペーパーなどを整える。

 

こんなことを毎日毎日、朝に3時間。(私と2-3名で曜日を決めてローテーション)これにプラス、午後には20-30分の点検を、私ともう一方で欠かさずやり続けています。

こんなベースがあってこそ、お願いも伝わってくれることがあるわけで、ただ貼り紙でお願いをしただけでは、きっとうまくいかないのだろうなと思っています。

要は凡事徹底ということ。

やってることは誰でもできる当たり前のこと、では誰でもできるかというとそうではないんですよね。大抵の方は続かないんです。

 

徹底した継続、これもとても大事だなと感じています。

 

 


実は、もう一つ貼り紙をしてみました。

ここのごみ入れには、毎日必ず1本のたばこの吸い殻が入っていました。

ここは禁煙なので本来は出るはずのないゴミ。ここで吸ってる確証もなかったので、今までは黙ってきたのですが、ある日このゴミ入れの中の袋にたばこの熱によると思われる穴が開いていたので、ここで吸ってるじゃんという確証を得たのす。

そこで、こんな貼り紙(貼りテープ)をしました。


f:id:apli44:20200801051200j:image


f:id:apli44:20200801051144j:image

 


7月半ばのことです。

こちらも貼り紙以来全く吸い殻を見なくなりました。

 

ちゃんとわかってくれるありがたさを感じると同時に、もっとちゃんと伝えてもいいよなという学びもありました。

 

 

そして、最近、新たな問題が、

まあ、いろんな方がいらっしゃいますわ!

 

 

つづく。w

 

おしまい。(^^)/